/page/2

umamoon:

Exped Ergo Hammock Combi(エクスペド エルゴ ハンモック コンビ) Exped Ergo Hammock Combi うん、やっぱりハンモックシェルターはこうゆうところでないと! と、いうかこんな場所でないと張れません^^; 張り縄に付いている黄色い袋はCord Stuffsackと言うオプションです。 ロープの収納と認識も同時に兼ねているのであるととても便利です。横から見るとよく分かるのですが、写真のような枝やポールのアレンジで タープ下はかなり広いスペースを作ることが可能です。 雨天でもタープの下で煮炊き等の作業がし易いし 最悪、下が川になってもこれなら大丈夫。後方から、とてもプライベート感があります。 タープの質感はHILLEBERG Tarp ULに似てるかな。 薄くて良く伸びる。 ハンモックにはジッパー式のバグネットがあり虫の多い季節でも安心。 地面からの這う虫も心配いりません、虫が嫌いな人程お薦めです^^ 普通のハンモックは頭と足の縦方向から吊るすタイプが多いですが このエルゴハンモックの場合は写真のように横方向からの吊り下げる構造なので かなり平行に近い状態で寝る事ができます。 中のフロアはバスタブ構造で寝返り等でズレることもなく、とても快適です。 足を出してリクライニングすればラウンジチェアーにもなります。フロア下にはマットを入れるスペースがあり真冬でも それなりのシュラフと装備があれば寒くないです。 今回のマットはBig Agnes社のInsulated Air Coreを使用。 Exped社のマット同様、縦方向のエアマットがええ感じでした。大きな特徴としてタープがフルクローズになる点です。 これで半ダブルウォールテントみたいな感じです。 横からも殆ど中の様子は見えません。ハンモックを収納する場合は両サイドの 写真のスネークスキンを中央まで降ろして行きます。 すると写真のような蛇のような状態になるので 一方の端から端まで巻きながら畳んでで行くと ハンモックを地面に着けないで収納することが可能です。他にも細かいところがよく作り込まれてます。 例えばこのDrip Clipはハンモックへの 雨を流れるのを防いだりしてくれます。 (大雨経験済み^^;) (絵描きゴトキャンプゴト。 Exped Ergo Hammock Combi Reviewから)

(via nemoi)

小さいときから家族づきあいをしている人(おじさんと呼んでいる)に、コインアルバムを見せてもらったことがある。

色々な国の通貨をただ漠然としてみているだけだったMarnierに、おじさんは

「ほら、このポーランドのコインはすり減っているだろ」

と、切り出した。

「こんなにボロボロになるまでお金を使うような国ってどういう国だか分かるかな?」

chuck-snowbug:

昨日の朝食 -  パスタスープ、ヨーグルト、ソーダ水
Breakfast on October 24, 2013 - Pasta Soup, Yogurt, Sparkling Water
パスタスープは、キャンベル缶の”Chunky Classic Chicken Noodles”に、ざく切りにしたトマトとチコリをまぜて蒸し煮にし、ハーブ&ソルト調味料(ステーキ肉に付いてきたもの。普段はつかわないので幾つもたまっている)を一袋全部降りそそぎ、別鍋で茹でたペンネ・パスタを最後にくわえた、ややジャンキーな一皿。
どういう味かというと……
……貴方はその昔、一ヶ月にわたるアメリカ横断バックパック旅行をしたことがある。愉しいこともあったが、大変なことも多かった。貴方のブロークンな英語はなかなか通じないし、日本とは何かと事情がちがう。危ないめにも何度かあった。暗がりで屈強な者たちに囲まれ、持っていたカメラを強奪されもした。
或る日、貴方はグレイハウンドバスに乗り、何時間も狭い車内でゆられて、夕刻前に寂れた田舎町で降りる。
お腹が空いた。けれども手持ちのオカネは大分乏しくなっている。帰国は未だ一週間以上先なのだ。節約しなければ。
レストランを利用する余裕なぞない。
貴方は近くの煤けたドラッグストアに入る。店内には軽食コーナーが設けられていて、ホットドッグやサンドウィッチ類を売っている。どれも5ドル以下だ。今日はこの店で夕食を済ますことにしよう。
カウンターの上に掲げられたメニューを、貴方は真剣にチェックしはじめる。貴方の他に買い物客は居ない。まわりを気にせず、じっくりと見ることができる。
Today’s Special、という文字に行きあたる。1ドル99セント。安い。レジ横には乱暴な手書きの文字で、Today’s Special: Chicken Noodle Soup、と表示されている。よし、これに決めた。
へたくそな英語で注文すると、二十代前半の、タトゥーを両腕に入れた男性店員はうさんくさそうな眼で貴方のことを上から下まで舐めまわしたあと、うしろに向き直って何か叫ぶ。たぶん、Today’s Specialを大急ぎでひとつ!、というような意味のことを云ったのだろう。
間もなくスープのカップを持った、たっぷりとしたからだつきの中年女性が奥から出てくる。貴方ともタトゥー店員とも眼をあわせようとはせず、いかにも不機嫌そうだ。
かおがちょっとタトゥー店員に似ていなくもない。ひょっとしたら親子なのだろうか?
その一品は乱雑に注がれた所為で、紙製のカップの横手にスープが飛び散りぬるぬるしていた。タトゥー店員は、くそっ、手が汚れたじゃねーか!、と云う風に悪態を吐きながら、カップにプラスティックの蓋を付け、プラスティックのスプーンとたっぷりの手拭き用の紙とともに、貴方に手わたす。
貴方が、サンキュー、というと、にこりともせずに、Enjoy your dinner、と云う。2ドルもしない料理に、ディナー、ということばをつかうのには、はたして皮肉な意味がこめられているのだろうか、と貴方は暫し思いまわす。
貴方はドラッグストアの隅に置かれた粗末なテーブルにつき、プラスティックの蓋を取る。つよい香辛料のにおいが貴方の鼻孔をえぐる。胃がきりりと刺激される。
スプーンをカップへと入れる。
そのスープは、想像していたのの倍以上の量があった。あまった食材を鍋に手あたり次第放りこみ、ありとあらゆるからだに悪そうな調味料とともに、火の通り具合になぞ頓着せずに煮込めるだけ煮込んで、もはや何が鶏なのか野菜なのかヌードルなのかさっぱりわからなくなった、というような具合。スープというより、くたくた煮、と云った方が近い。
鶏肉らしき断片が時々舌先にあたるが、肉っぽい味は全くしない。缶づめのサーモンのような、淡泊といえば聞こえはいいが、要は旨みが抜けきっている。
それではこのスープが不味いのかと云うと、そんなことは全くない。素材の旨みで勝負するのとは真逆の、つまりはジャンク極まる味で、それを、美味しい!、と云い切るのは抵抗があるのだが、それでもやはり、とんでもなく美味だ。
ジャンクフードなりに、旨みを極めている。
一杯のスープのお陰で、貴方はだんだんと温まりはじめる。からだばかりではない。長旅の疲れで頑なになりかけていたこころの芯までもが。
食べおえる頃には、貴方の心身は心地好くほぐされていた。すっかり満腹となり、その晩泊る安宿を探しに、外へと出たのだった。
心底充たされた気分とともに……。
……日本に帰ってから、貴方は何度となくあの味を再現しようと試みてきたが、どうしてもうまく行かない。
あんな風な、見事なまでにバランスの取れた安っぽい味には、どうやってもならないのだ。
今朝の挑戦も失敗に終わった。美味しいことは美味しいのだが、ジャンクとは云っても、どうしてもワビサビの方向性を指向した、和を好む、いかにも日本的に整った味だった。脳天まで突き抜けるような、ぎとぎとしたスピリットに欠けている。
貴方は、朝食をたいらげてから、あの一ヶ月の貧乏旅行を思いかえす。カメラを盗られた所為で、旅行中の写真は一枚ものこっていない。あんなに美味しかったスープも、舌先の記憶にしか存在しない。
また何時か、何もかもを投げ捨てて、あんな風な旅に出てみたいものだ……と貴方はぼんやりと思いまわしはじめる。
……というのが、このスープのお味であります★

chuck-snowbug:

昨日の朝食 -  パスタスープ、ヨーグルト、ソーダ水

Breakfast on October 24, 2013 - Pasta Soup, Yogurt, Sparkling Water

パスタスープは、キャンベル缶の”Chunky Classic Chicken Noodles”に、ざく切りにしたトマトとチコリをまぜて蒸し煮にし、ハーブ&ソルト調味料(ステーキ肉に付いてきたもの。普段はつかわないので幾つもたまっている)を一袋全部降りそそぎ、別鍋で茹でたペンネ・パスタを最後にくわえた、ややジャンキーな一皿。

どういう味かというと……

……貴方はその昔、一ヶ月にわたるアメリカ横断バックパック旅行をしたことがある。愉しいこともあったが、大変なことも多かった。貴方のブロークンな英語はなかなか通じないし、日本とは何かと事情がちがう。危ないめにも何度かあった。暗がりで屈強な者たちに囲まれ、持っていたカメラを強奪されもした。

或る日、貴方はグレイハウンドバスに乗り、何時間も狭い車内でゆられて、夕刻前に寂れた田舎町で降りる。

お腹が空いた。けれども手持ちのオカネは大分乏しくなっている。帰国は未だ一週間以上先なのだ。節約しなければ。

レストランを利用する余裕なぞない。

貴方は近くの煤けたドラッグストアに入る。店内には軽食コーナーが設けられていて、ホットドッグやサンドウィッチ類を売っている。どれも5ドル以下だ。今日はこの店で夕食を済ますことにしよう。

カウンターの上に掲げられたメニューを、貴方は真剣にチェックしはじめる。貴方の他に買い物客は居ない。まわりを気にせず、じっくりと見ることができる。

Today’s Special、という文字に行きあたる。1ドル99セント。安い。レジ横には乱暴な手書きの文字で、Today’s Special: Chicken Noodle Soup、と表示されている。よし、これに決めた。

へたくそな英語で注文すると、二十代前半の、タトゥーを両腕に入れた男性店員はうさんくさそうな眼で貴方のことを上から下まで舐めまわしたあと、うしろに向き直って何か叫ぶ。たぶん、Today’s Specialを大急ぎでひとつ!、というような意味のことを云ったのだろう。

間もなくスープのカップを持った、たっぷりとしたからだつきの中年女性が奥から出てくる。貴方ともタトゥー店員とも眼をあわせようとはせず、いかにも不機嫌そうだ。

かおがちょっとタトゥー店員に似ていなくもない。ひょっとしたら親子なのだろうか?

その一品は乱雑に注がれた所為で、紙製のカップの横手にスープが飛び散りぬるぬるしていた。タトゥー店員は、くそっ、手が汚れたじゃねーか!、と云う風に悪態を吐きながら、カップにプラスティックの蓋を付け、プラスティックのスプーンとたっぷりの手拭き用の紙とともに、貴方に手わたす。

貴方が、サンキュー、というと、にこりともせずに、Enjoy your dinner、と云う。2ドルもしない料理に、ディナー、ということばをつかうのには、はたして皮肉な意味がこめられているのだろうか、と貴方は暫し思いまわす。

貴方はドラッグストアの隅に置かれた粗末なテーブルにつき、プラスティックの蓋を取る。つよい香辛料のにおいが貴方の鼻孔をえぐる。胃がきりりと刺激される。

スプーンをカップへと入れる。

そのスープは、想像していたのの倍以上の量があった。あまった食材を鍋に手あたり次第放りこみ、ありとあらゆるからだに悪そうな調味料とともに、火の通り具合になぞ頓着せずに煮込めるだけ煮込んで、もはや何が鶏なのか野菜なのかヌードルなのかさっぱりわからなくなった、というような具合。スープというより、くたくた煮、と云った方が近い。

鶏肉らしき断片が時々舌先にあたるが、肉っぽい味は全くしない。缶づめのサーモンのような、淡泊といえば聞こえはいいが、要は旨みが抜けきっている。

それではこのスープが不味いのかと云うと、そんなことは全くない。素材の旨みで勝負するのとは真逆の、つまりはジャンク極まる味で、それを、美味しい!、と云い切るのは抵抗があるのだが、それでもやはり、とんでもなく美味だ。

ジャンクフードなりに、旨みを極めている。

一杯のスープのお陰で、貴方はだんだんと温まりはじめる。からだばかりではない。長旅の疲れで頑なになりかけていたこころの芯までもが。

食べおえる頃には、貴方の心身は心地好くほぐされていた。すっかり満腹となり、その晩泊る安宿を探しに、外へと出たのだった。

心底充たされた気分とともに……。

……日本に帰ってから、貴方は何度となくあの味を再現しようと試みてきたが、どうしてもうまく行かない。

あんな風な、見事なまでにバランスの取れた安っぽい味には、どうやってもならないのだ。

今朝の挑戦も失敗に終わった。美味しいことは美味しいのだが、ジャンクとは云っても、どうしてもワビサビの方向性を指向した、和を好む、いかにも日本的に整った味だった。脳天まで突き抜けるような、ぎとぎとしたスピリットに欠けている。

貴方は、朝食をたいらげてから、あの一ヶ月の貧乏旅行を思いかえす。カメラを盗られた所為で、旅行中の写真は一枚ものこっていない。あんなに美味しかったスープも、舌先の記憶にしか存在しない。

また何時か、何もかもを投げ捨てて、あんな風な旅に出てみたいものだ……と貴方はぼんやりと思いまわしはじめる。

……というのが、このスープのお味であります★

(via nemoi)

若い時は、いつまで経っても、自分の人生だけは、まだまだ本格的に始動していない気がするものだ。人生は、いつまで経っても、次の週、次の月、次の年、そして次の休暇が終わってからやってくるもので、いつかずっと先に起こる出来事でもあるかのように思い込んでいる。それでも、いつしか突然、歳をとってしまい、予定していた人生などやってこないことにも気づく。そこでようやく自問自答を始めるようになる。「それなら、それまで存在してきたあの間奏曲(インターリュード)は一体、騒然としたあの乱痴気騒ぎは一体、何だったんだろう?」
 夜中の3時なんて想像もつかない、と言う人もたくさんいるかもしれない。わたしも昔はそうだった。3時はオールナイトニッポンの終わる時間で、そこから先は何の娯楽もない深遠だった。そこに取り残されたら、朝が来るまで孤独に過ごさなければならない。ラジオの生放送は、自分以外の起きている人を確認する唯一の手段だった。本を読んだり、音楽や録音した別の回を聴いたりするよりは、心強さが格段に違った。それに、次の日が休みならまだいいけれども、平日だと最悪である。学校に行かなければならない上に、眠れなかったとなると、日中にどんな悲惨なことになるのかは目に見えている。

 そんな心細かった時期と比べると、今は図太くなったなあと思う。午前3時に起きている人なんていくらでもいることを知ったし、いちいちそのことを考えなくても、平気で録画したドラマを観たり、手芸の本を眺めたり、仕事をしたりしている。さすがに、外を出歩いたりはしないけれども、この世界に遅い時間などないのではないかという気がしてくる。
伊集院によると、初めての生放送を開始しようとした時、酔っぱらった宮本氏がニッポン放送を訪れたそうだ。そして「『はじめまして、伊集院光です』って言いかけたところで頭をガシって掴んで、頭のニオイをクンクンって酒臭い息で嗅いで『売れるニオイが全くしねぇ』って言って去って行った」という。

親しくしているニッポン放送の上柳昌彦アナウンサーに呼ばれ、10年ぶりのニッポン放送出演となった伊集院。収録が終わった後、確執の原因となった宮本氏が現れたそうだ。

「変なことはなしに、ここはスッと『タクシー来ましたよ』って言われたし帰ろう」と思った伊集院に対し宮本氏は、伊集院と自身のエピソードがWikipediaに書かれていることを取り上げ、「デマが書いてあんだけどさぁ、アレお前、どうにかしろよ」と言ってきたという。伊集院は、「本当のことだよ!上から下まで100%本当のことだよ、デマじゃねえよ!思い出したよあんたのそういうところが出たくなくなるとこだよ!」と語った。
忍耐が習慣化した人は、世の中はみんなの忍耐によって支えられていて、誰か一人がそれをやめる事で全体が壊れるという世界観を持っている。だから彼らのうち攻撃的な人は、やめようとしている人を社会倫理と呼ばれるもので縛ろうとする。
兄貴の部屋に

「ルイのファーストレッスン」ってビデオがあったんでこっそり見たら



ラモスのドリブル講座だった
「緊張しててもいい。怖くて仕方なくてもいい。手が震えててもいい。どんな状況でも、前に出てくるヤツには、俺が必ず責任を持つ。どうにかする。だから、何でもエエから出てこい」

最近、20代前半のピチピチギャルたちの間で、「倍以上男子」が熱いという情報をキャッチしました。出ましたよ、また「○○男子」という造語が。倍返しで話題になったドラマ『半沢直樹』はもうとっくに終わっているし……倍以上男子って、一体どのような男子を指すのでしょうか?

・(年齢が)倍以上の男性を指す造語
倍以上男子とは、倍以上返しをする男子のことではございません、ご安心を。倍以上とは、ごく単純に「年齢」のこと。例えば20歳のお嬢さんにとって倍以上男子は40歳以上、22歳のお嬢さんにとっての倍以上男子は44歳以上という計算になります。経済的に余裕があるだけでなく、自分の倍以上も人生経験を積んでいるのですから、大人の魅力も持ち合わせており、一石二鳥というわけです。

・三十路熟女が倍以上制度を取り入れると……
倍以上男子の流行に則って、三十路熟女も倍以上男子に目を向けましょう! と言いたいところですが、30歳の女性にとって倍以上男子は60歳以上の還暦男子、37歳の筆者にとっての倍以上男子は74歳以上ということになります。加藤茶さんと同年代くらいでしょうか。ありえない年の差ではないかもしれませんが、ちょっと難しいかもしれませんね。

・半分以下男子はどうだろう?
では、倍以上の逆で、「半分以下男子」に目を向けるのはどうでしょう? 37歳の筆者は18.5歳の男性が対象ということになります。ギリギリセーフですね。しかし、30歳ジャストの女性の場合、対象が15歳になってしまうので、これはアウトです。うーむ、困った……どうしたら良いのでしょうか。

・三十路熟女からのお願い
結論! 20代前半のお嬢さん方にお願いいたします。倍以上男子に手を出すのはどうかご勘弁を! 三十路熟女にとって、独身アラフォー男性は数少ない貴重な恋愛対象なのです! この領域にあなた方が入ってきてしまっては、三十路熟女はどこに行ったら良いのでしょう? 草木に恋をしろとでも仰るのでしょうか? 大事なことなので二度言います、いや何度でも言います。倍以上男子に手を出すのはご勘弁を! そうでなければ、三十路熟女の我々は……我々は……。

ある女子大生が先輩のアパートで行われた飲み会に参加した時のことだ。
飲み会が終了した後、彼女はアパートを出てしばらく歩いていたのだが、
ふと先輩の家に携帯電話を忘れてきたことに気づいた。
彼女はアパートに引き返し、先輩の部屋に戻って呼び鈴を押す。
ところが、反応がない。

ドアノブをまわすと鍵は掛かっていなかったので、彼女はそのまま中に入っていった。
部屋の中は電気がついておらず真っ暗で、どうやら先輩はもう寝てしまったらしい。
無用心だな、と思った彼女は電気をつけて先輩を起こそうかとも考えたが、
先輩がかなり酔っていたのを思い出してやめておき、
真っ暗な中で自分の携帯電話を探し出すと「忘れ物をしたので取りに戻りましたー」
とひと声かけて部屋を後にした。

翌日、彼女が先輩のアパートの前を通りかかると、
なぜか大勢の警官が集まっている。
事情を聞いて彼女は驚いた。

なんと、あの先輩が部屋で殺されたというのだ。
部屋は荒らされており、物取りの犯行かもしれないという。

「あの時電気をつけて先輩を起こし、きちんと戸締まりをするよう
注意していたらこんな事にならなかったのに…」

彼女が自責の念でいっぱいになりながら昨日その部屋にいたことを警官に話すと、
部屋の奥から刑事が現れて彼女に見て欲しいものがあると言った。
「部屋の中でこのようなメモを見つけたのですが、
これの意味がわからないで困っていたのですよ。何か心当たりはありませんか?」

彼女はそのメモを見て青ざめた。

そこにはこう書かれていたのだ。

「電気をつけなくてよかったな」

(Source: providentstyle, via nemoi)

umamoon:

Exped Ergo Hammock Combi(エクスペド エルゴ ハンモック コンビ) Exped Ergo Hammock Combi うん、やっぱりハンモックシェルターはこうゆうところでないと! と、いうかこんな場所でないと張れません^^; 張り縄に付いている黄色い袋はCord Stuffsackと言うオプションです。 ロープの収納と認識も同時に兼ねているのであるととても便利です。横から見るとよく分かるのですが、写真のような枝やポールのアレンジで タープ下はかなり広いスペースを作ることが可能です。 雨天でもタープの下で煮炊き等の作業がし易いし 最悪、下が川になってもこれなら大丈夫。後方から、とてもプライベート感があります。 タープの質感はHILLEBERG Tarp ULに似てるかな。 薄くて良く伸びる。 ハンモックにはジッパー式のバグネットがあり虫の多い季節でも安心。 地面からの這う虫も心配いりません、虫が嫌いな人程お薦めです^^ 普通のハンモックは頭と足の縦方向から吊るすタイプが多いですが このエルゴハンモックの場合は写真のように横方向からの吊り下げる構造なので かなり平行に近い状態で寝る事ができます。 中のフロアはバスタブ構造で寝返り等でズレることもなく、とても快適です。 足を出してリクライニングすればラウンジチェアーにもなります。フロア下にはマットを入れるスペースがあり真冬でも それなりのシュラフと装備があれば寒くないです。 今回のマットはBig Agnes社のInsulated Air Coreを使用。 Exped社のマット同様、縦方向のエアマットがええ感じでした。大きな特徴としてタープがフルクローズになる点です。 これで半ダブルウォールテントみたいな感じです。 横からも殆ど中の様子は見えません。ハンモックを収納する場合は両サイドの 写真のスネークスキンを中央まで降ろして行きます。 すると写真のような蛇のような状態になるので 一方の端から端まで巻きながら畳んでで行くと ハンモックを地面に着けないで収納することが可能です。他にも細かいところがよく作り込まれてます。 例えばこのDrip Clipはハンモックへの 雨を流れるのを防いだりしてくれます。 (大雨経験済み^^;) (絵描きゴトキャンプゴト。 Exped Ergo Hammock Combi Reviewから)

(via nemoi)

小さいときから家族づきあいをしている人(おじさんと呼んでいる)に、コインアルバムを見せてもらったことがある。

色々な国の通貨をただ漠然としてみているだけだったMarnierに、おじさんは

「ほら、このポーランドのコインはすり減っているだろ」

と、切り出した。

「こんなにボロボロになるまでお金を使うような国ってどういう国だか分かるかな?」

chuck-snowbug:

昨日の朝食 -  パスタスープ、ヨーグルト、ソーダ水
Breakfast on October 24, 2013 - Pasta Soup, Yogurt, Sparkling Water
パスタスープは、キャンベル缶の”Chunky Classic Chicken Noodles”に、ざく切りにしたトマトとチコリをまぜて蒸し煮にし、ハーブ&ソルト調味料(ステーキ肉に付いてきたもの。普段はつかわないので幾つもたまっている)を一袋全部降りそそぎ、別鍋で茹でたペンネ・パスタを最後にくわえた、ややジャンキーな一皿。
どういう味かというと……
……貴方はその昔、一ヶ月にわたるアメリカ横断バックパック旅行をしたことがある。愉しいこともあったが、大変なことも多かった。貴方のブロークンな英語はなかなか通じないし、日本とは何かと事情がちがう。危ないめにも何度かあった。暗がりで屈強な者たちに囲まれ、持っていたカメラを強奪されもした。
或る日、貴方はグレイハウンドバスに乗り、何時間も狭い車内でゆられて、夕刻前に寂れた田舎町で降りる。
お腹が空いた。けれども手持ちのオカネは大分乏しくなっている。帰国は未だ一週間以上先なのだ。節約しなければ。
レストランを利用する余裕なぞない。
貴方は近くの煤けたドラッグストアに入る。店内には軽食コーナーが設けられていて、ホットドッグやサンドウィッチ類を売っている。どれも5ドル以下だ。今日はこの店で夕食を済ますことにしよう。
カウンターの上に掲げられたメニューを、貴方は真剣にチェックしはじめる。貴方の他に買い物客は居ない。まわりを気にせず、じっくりと見ることができる。
Today’s Special、という文字に行きあたる。1ドル99セント。安い。レジ横には乱暴な手書きの文字で、Today’s Special: Chicken Noodle Soup、と表示されている。よし、これに決めた。
へたくそな英語で注文すると、二十代前半の、タトゥーを両腕に入れた男性店員はうさんくさそうな眼で貴方のことを上から下まで舐めまわしたあと、うしろに向き直って何か叫ぶ。たぶん、Today’s Specialを大急ぎでひとつ!、というような意味のことを云ったのだろう。
間もなくスープのカップを持った、たっぷりとしたからだつきの中年女性が奥から出てくる。貴方ともタトゥー店員とも眼をあわせようとはせず、いかにも不機嫌そうだ。
かおがちょっとタトゥー店員に似ていなくもない。ひょっとしたら親子なのだろうか?
その一品は乱雑に注がれた所為で、紙製のカップの横手にスープが飛び散りぬるぬるしていた。タトゥー店員は、くそっ、手が汚れたじゃねーか!、と云う風に悪態を吐きながら、カップにプラスティックの蓋を付け、プラスティックのスプーンとたっぷりの手拭き用の紙とともに、貴方に手わたす。
貴方が、サンキュー、というと、にこりともせずに、Enjoy your dinner、と云う。2ドルもしない料理に、ディナー、ということばをつかうのには、はたして皮肉な意味がこめられているのだろうか、と貴方は暫し思いまわす。
貴方はドラッグストアの隅に置かれた粗末なテーブルにつき、プラスティックの蓋を取る。つよい香辛料のにおいが貴方の鼻孔をえぐる。胃がきりりと刺激される。
スプーンをカップへと入れる。
そのスープは、想像していたのの倍以上の量があった。あまった食材を鍋に手あたり次第放りこみ、ありとあらゆるからだに悪そうな調味料とともに、火の通り具合になぞ頓着せずに煮込めるだけ煮込んで、もはや何が鶏なのか野菜なのかヌードルなのかさっぱりわからなくなった、というような具合。スープというより、くたくた煮、と云った方が近い。
鶏肉らしき断片が時々舌先にあたるが、肉っぽい味は全くしない。缶づめのサーモンのような、淡泊といえば聞こえはいいが、要は旨みが抜けきっている。
それではこのスープが不味いのかと云うと、そんなことは全くない。素材の旨みで勝負するのとは真逆の、つまりはジャンク極まる味で、それを、美味しい!、と云い切るのは抵抗があるのだが、それでもやはり、とんでもなく美味だ。
ジャンクフードなりに、旨みを極めている。
一杯のスープのお陰で、貴方はだんだんと温まりはじめる。からだばかりではない。長旅の疲れで頑なになりかけていたこころの芯までもが。
食べおえる頃には、貴方の心身は心地好くほぐされていた。すっかり満腹となり、その晩泊る安宿を探しに、外へと出たのだった。
心底充たされた気分とともに……。
……日本に帰ってから、貴方は何度となくあの味を再現しようと試みてきたが、どうしてもうまく行かない。
あんな風な、見事なまでにバランスの取れた安っぽい味には、どうやってもならないのだ。
今朝の挑戦も失敗に終わった。美味しいことは美味しいのだが、ジャンクとは云っても、どうしてもワビサビの方向性を指向した、和を好む、いかにも日本的に整った味だった。脳天まで突き抜けるような、ぎとぎとしたスピリットに欠けている。
貴方は、朝食をたいらげてから、あの一ヶ月の貧乏旅行を思いかえす。カメラを盗られた所為で、旅行中の写真は一枚ものこっていない。あんなに美味しかったスープも、舌先の記憶にしか存在しない。
また何時か、何もかもを投げ捨てて、あんな風な旅に出てみたいものだ……と貴方はぼんやりと思いまわしはじめる。
……というのが、このスープのお味であります★

chuck-snowbug:

昨日の朝食 -  パスタスープ、ヨーグルト、ソーダ水

Breakfast on October 24, 2013 - Pasta Soup, Yogurt, Sparkling Water

パスタスープは、キャンベル缶の”Chunky Classic Chicken Noodles”に、ざく切りにしたトマトとチコリをまぜて蒸し煮にし、ハーブ&ソルト調味料(ステーキ肉に付いてきたもの。普段はつかわないので幾つもたまっている)を一袋全部降りそそぎ、別鍋で茹でたペンネ・パスタを最後にくわえた、ややジャンキーな一皿。

どういう味かというと……

……貴方はその昔、一ヶ月にわたるアメリカ横断バックパック旅行をしたことがある。愉しいこともあったが、大変なことも多かった。貴方のブロークンな英語はなかなか通じないし、日本とは何かと事情がちがう。危ないめにも何度かあった。暗がりで屈強な者たちに囲まれ、持っていたカメラを強奪されもした。

或る日、貴方はグレイハウンドバスに乗り、何時間も狭い車内でゆられて、夕刻前に寂れた田舎町で降りる。

お腹が空いた。けれども手持ちのオカネは大分乏しくなっている。帰国は未だ一週間以上先なのだ。節約しなければ。

レストランを利用する余裕なぞない。

貴方は近くの煤けたドラッグストアに入る。店内には軽食コーナーが設けられていて、ホットドッグやサンドウィッチ類を売っている。どれも5ドル以下だ。今日はこの店で夕食を済ますことにしよう。

カウンターの上に掲げられたメニューを、貴方は真剣にチェックしはじめる。貴方の他に買い物客は居ない。まわりを気にせず、じっくりと見ることができる。

Today’s Special、という文字に行きあたる。1ドル99セント。安い。レジ横には乱暴な手書きの文字で、Today’s Special: Chicken Noodle Soup、と表示されている。よし、これに決めた。

へたくそな英語で注文すると、二十代前半の、タトゥーを両腕に入れた男性店員はうさんくさそうな眼で貴方のことを上から下まで舐めまわしたあと、うしろに向き直って何か叫ぶ。たぶん、Today’s Specialを大急ぎでひとつ!、というような意味のことを云ったのだろう。

間もなくスープのカップを持った、たっぷりとしたからだつきの中年女性が奥から出てくる。貴方ともタトゥー店員とも眼をあわせようとはせず、いかにも不機嫌そうだ。

かおがちょっとタトゥー店員に似ていなくもない。ひょっとしたら親子なのだろうか?

その一品は乱雑に注がれた所為で、紙製のカップの横手にスープが飛び散りぬるぬるしていた。タトゥー店員は、くそっ、手が汚れたじゃねーか!、と云う風に悪態を吐きながら、カップにプラスティックの蓋を付け、プラスティックのスプーンとたっぷりの手拭き用の紙とともに、貴方に手わたす。

貴方が、サンキュー、というと、にこりともせずに、Enjoy your dinner、と云う。2ドルもしない料理に、ディナー、ということばをつかうのには、はたして皮肉な意味がこめられているのだろうか、と貴方は暫し思いまわす。

貴方はドラッグストアの隅に置かれた粗末なテーブルにつき、プラスティックの蓋を取る。つよい香辛料のにおいが貴方の鼻孔をえぐる。胃がきりりと刺激される。

スプーンをカップへと入れる。

そのスープは、想像していたのの倍以上の量があった。あまった食材を鍋に手あたり次第放りこみ、ありとあらゆるからだに悪そうな調味料とともに、火の通り具合になぞ頓着せずに煮込めるだけ煮込んで、もはや何が鶏なのか野菜なのかヌードルなのかさっぱりわからなくなった、というような具合。スープというより、くたくた煮、と云った方が近い。

鶏肉らしき断片が時々舌先にあたるが、肉っぽい味は全くしない。缶づめのサーモンのような、淡泊といえば聞こえはいいが、要は旨みが抜けきっている。

それではこのスープが不味いのかと云うと、そんなことは全くない。素材の旨みで勝負するのとは真逆の、つまりはジャンク極まる味で、それを、美味しい!、と云い切るのは抵抗があるのだが、それでもやはり、とんでもなく美味だ。

ジャンクフードなりに、旨みを極めている。

一杯のスープのお陰で、貴方はだんだんと温まりはじめる。からだばかりではない。長旅の疲れで頑なになりかけていたこころの芯までもが。

食べおえる頃には、貴方の心身は心地好くほぐされていた。すっかり満腹となり、その晩泊る安宿を探しに、外へと出たのだった。

心底充たされた気分とともに……。

……日本に帰ってから、貴方は何度となくあの味を再現しようと試みてきたが、どうしてもうまく行かない。

あんな風な、見事なまでにバランスの取れた安っぽい味には、どうやってもならないのだ。

今朝の挑戦も失敗に終わった。美味しいことは美味しいのだが、ジャンクとは云っても、どうしてもワビサビの方向性を指向した、和を好む、いかにも日本的に整った味だった。脳天まで突き抜けるような、ぎとぎとしたスピリットに欠けている。

貴方は、朝食をたいらげてから、あの一ヶ月の貧乏旅行を思いかえす。カメラを盗られた所為で、旅行中の写真は一枚ものこっていない。あんなに美味しかったスープも、舌先の記憶にしか存在しない。

また何時か、何もかもを投げ捨てて、あんな風な旅に出てみたいものだ……と貴方はぼんやりと思いまわしはじめる。

……というのが、このスープのお味であります★

(via nemoi)

若い時は、いつまで経っても、自分の人生だけは、まだまだ本格的に始動していない気がするものだ。人生は、いつまで経っても、次の週、次の月、次の年、そして次の休暇が終わってからやってくるもので、いつかずっと先に起こる出来事でもあるかのように思い込んでいる。それでも、いつしか突然、歳をとってしまい、予定していた人生などやってこないことにも気づく。そこでようやく自問自答を始めるようになる。「それなら、それまで存在してきたあの間奏曲(インターリュード)は一体、騒然としたあの乱痴気騒ぎは一体、何だったんだろう?」
 夜中の3時なんて想像もつかない、と言う人もたくさんいるかもしれない。わたしも昔はそうだった。3時はオールナイトニッポンの終わる時間で、そこから先は何の娯楽もない深遠だった。そこに取り残されたら、朝が来るまで孤独に過ごさなければならない。ラジオの生放送は、自分以外の起きている人を確認する唯一の手段だった。本を読んだり、音楽や録音した別の回を聴いたりするよりは、心強さが格段に違った。それに、次の日が休みならまだいいけれども、平日だと最悪である。学校に行かなければならない上に、眠れなかったとなると、日中にどんな悲惨なことになるのかは目に見えている。

 そんな心細かった時期と比べると、今は図太くなったなあと思う。午前3時に起きている人なんていくらでもいることを知ったし、いちいちそのことを考えなくても、平気で録画したドラマを観たり、手芸の本を眺めたり、仕事をしたりしている。さすがに、外を出歩いたりはしないけれども、この世界に遅い時間などないのではないかという気がしてくる。
伊集院によると、初めての生放送を開始しようとした時、酔っぱらった宮本氏がニッポン放送を訪れたそうだ。そして「『はじめまして、伊集院光です』って言いかけたところで頭をガシって掴んで、頭のニオイをクンクンって酒臭い息で嗅いで『売れるニオイが全くしねぇ』って言って去って行った」という。

親しくしているニッポン放送の上柳昌彦アナウンサーに呼ばれ、10年ぶりのニッポン放送出演となった伊集院。収録が終わった後、確執の原因となった宮本氏が現れたそうだ。

「変なことはなしに、ここはスッと『タクシー来ましたよ』って言われたし帰ろう」と思った伊集院に対し宮本氏は、伊集院と自身のエピソードがWikipediaに書かれていることを取り上げ、「デマが書いてあんだけどさぁ、アレお前、どうにかしろよ」と言ってきたという。伊集院は、「本当のことだよ!上から下まで100%本当のことだよ、デマじゃねえよ!思い出したよあんたのそういうところが出たくなくなるとこだよ!」と語った。
忍耐が習慣化した人は、世の中はみんなの忍耐によって支えられていて、誰か一人がそれをやめる事で全体が壊れるという世界観を持っている。だから彼らのうち攻撃的な人は、やめようとしている人を社会倫理と呼ばれるもので縛ろうとする。
兄貴の部屋に

「ルイのファーストレッスン」ってビデオがあったんでこっそり見たら



ラモスのドリブル講座だった
「緊張しててもいい。怖くて仕方なくてもいい。手が震えててもいい。どんな状況でも、前に出てくるヤツには、俺が必ず責任を持つ。どうにかする。だから、何でもエエから出てこい」

最近、20代前半のピチピチギャルたちの間で、「倍以上男子」が熱いという情報をキャッチしました。出ましたよ、また「○○男子」という造語が。倍返しで話題になったドラマ『半沢直樹』はもうとっくに終わっているし……倍以上男子って、一体どのような男子を指すのでしょうか?

・(年齢が)倍以上の男性を指す造語
倍以上男子とは、倍以上返しをする男子のことではございません、ご安心を。倍以上とは、ごく単純に「年齢」のこと。例えば20歳のお嬢さんにとって倍以上男子は40歳以上、22歳のお嬢さんにとっての倍以上男子は44歳以上という計算になります。経済的に余裕があるだけでなく、自分の倍以上も人生経験を積んでいるのですから、大人の魅力も持ち合わせており、一石二鳥というわけです。

・三十路熟女が倍以上制度を取り入れると……
倍以上男子の流行に則って、三十路熟女も倍以上男子に目を向けましょう! と言いたいところですが、30歳の女性にとって倍以上男子は60歳以上の還暦男子、37歳の筆者にとっての倍以上男子は74歳以上ということになります。加藤茶さんと同年代くらいでしょうか。ありえない年の差ではないかもしれませんが、ちょっと難しいかもしれませんね。

・半分以下男子はどうだろう?
では、倍以上の逆で、「半分以下男子」に目を向けるのはどうでしょう? 37歳の筆者は18.5歳の男性が対象ということになります。ギリギリセーフですね。しかし、30歳ジャストの女性の場合、対象が15歳になってしまうので、これはアウトです。うーむ、困った……どうしたら良いのでしょうか。

・三十路熟女からのお願い
結論! 20代前半のお嬢さん方にお願いいたします。倍以上男子に手を出すのはどうかご勘弁を! 三十路熟女にとって、独身アラフォー男性は数少ない貴重な恋愛対象なのです! この領域にあなた方が入ってきてしまっては、三十路熟女はどこに行ったら良いのでしょう? 草木に恋をしろとでも仰るのでしょうか? 大事なことなので二度言います、いや何度でも言います。倍以上男子に手を出すのはご勘弁を! そうでなければ、三十路熟女の我々は……我々は……。

ある女子大生が先輩のアパートで行われた飲み会に参加した時のことだ。
飲み会が終了した後、彼女はアパートを出てしばらく歩いていたのだが、
ふと先輩の家に携帯電話を忘れてきたことに気づいた。
彼女はアパートに引き返し、先輩の部屋に戻って呼び鈴を押す。
ところが、反応がない。

ドアノブをまわすと鍵は掛かっていなかったので、彼女はそのまま中に入っていった。
部屋の中は電気がついておらず真っ暗で、どうやら先輩はもう寝てしまったらしい。
無用心だな、と思った彼女は電気をつけて先輩を起こそうかとも考えたが、
先輩がかなり酔っていたのを思い出してやめておき、
真っ暗な中で自分の携帯電話を探し出すと「忘れ物をしたので取りに戻りましたー」
とひと声かけて部屋を後にした。

翌日、彼女が先輩のアパートの前を通りかかると、
なぜか大勢の警官が集まっている。
事情を聞いて彼女は驚いた。

なんと、あの先輩が部屋で殺されたというのだ。
部屋は荒らされており、物取りの犯行かもしれないという。

「あの時電気をつけて先輩を起こし、きちんと戸締まりをするよう
注意していたらこんな事にならなかったのに…」

彼女が自責の念でいっぱいになりながら昨日その部屋にいたことを警官に話すと、
部屋の奥から刑事が現れて彼女に見て欲しいものがあると言った。
「部屋の中でこのようなメモを見つけたのですが、
これの意味がわからないで困っていたのですよ。何か心当たりはありませんか?」

彼女はそのメモを見て青ざめた。

そこにはこう書かれていたのだ。

「電気をつけなくてよかったな」

"

小さいときから家族づきあいをしている人(おじさんと呼んでいる)に、コインアルバムを見せてもらったことがある。

色々な国の通貨をただ漠然としてみているだけだったMarnierに、おじさんは

「ほら、このポーランドのコインはすり減っているだろ」

と、切り出した。

「こんなにボロボロになるまでお金を使うような国ってどういう国だか分かるかな?」

"
"若い時は、いつまで経っても、自分の人生だけは、まだまだ本格的に始動していない気がするものだ。人生は、いつまで経っても、次の週、次の月、次の年、そして次の休暇が終わってからやってくるもので、いつかずっと先に起こる出来事でもあるかのように思い込んでいる。それでも、いつしか突然、歳をとってしまい、予定していた人生などやってこないことにも気づく。そこでようやく自問自答を始めるようになる。「それなら、それまで存在してきたあの間奏曲(インターリュード)は一体、騒然としたあの乱痴気騒ぎは一体、何だったんだろう?」"
"
 夜中の3時なんて想像もつかない、と言う人もたくさんいるかもしれない。わたしも昔はそうだった。3時はオールナイトニッポンの終わる時間で、そこから先は何の娯楽もない深遠だった。そこに取り残されたら、朝が来るまで孤独に過ごさなければならない。ラジオの生放送は、自分以外の起きている人を確認する唯一の手段だった。本を読んだり、音楽や録音した別の回を聴いたりするよりは、心強さが格段に違った。それに、次の日が休みならまだいいけれども、平日だと最悪である。学校に行かなければならない上に、眠れなかったとなると、日中にどんな悲惨なことになるのかは目に見えている。

 そんな心細かった時期と比べると、今は図太くなったなあと思う。午前3時に起きている人なんていくらでもいることを知ったし、いちいちそのことを考えなくても、平気で録画したドラマを観たり、手芸の本を眺めたり、仕事をしたりしている。さすがに、外を出歩いたりはしないけれども、この世界に遅い時間などないのではないかという気がしてくる。
"
"伊集院によると、初めての生放送を開始しようとした時、酔っぱらった宮本氏がニッポン放送を訪れたそうだ。そして「『はじめまして、伊集院光です』って言いかけたところで頭をガシって掴んで、頭のニオイをクンクンって酒臭い息で嗅いで『売れるニオイが全くしねぇ』って言って去って行った」という。

親しくしているニッポン放送の上柳昌彦アナウンサーに呼ばれ、10年ぶりのニッポン放送出演となった伊集院。収録が終わった後、確執の原因となった宮本氏が現れたそうだ。

「変なことはなしに、ここはスッと『タクシー来ましたよ』って言われたし帰ろう」と思った伊集院に対し宮本氏は、伊集院と自身のエピソードがWikipediaに書かれていることを取り上げ、「デマが書いてあんだけどさぁ、アレお前、どうにかしろよ」と言ってきたという。伊集院は、「本当のことだよ!上から下まで100%本当のことだよ、デマじゃねえよ!思い出したよあんたのそういうところが出たくなくなるとこだよ!」と語った。"
"忍耐が習慣化した人は、世の中はみんなの忍耐によって支えられていて、誰か一人がそれをやめる事で全体が壊れるという世界観を持っている。だから彼らのうち攻撃的な人は、やめようとしている人を社会倫理と呼ばれるもので縛ろうとする。"
"兄貴の部屋に

「ルイのファーストレッスン」ってビデオがあったんでこっそり見たら



ラモスのドリブル講座だった"
"「緊張しててもいい。怖くて仕方なくてもいい。手が震えててもいい。どんな状況でも、前に出てくるヤツには、俺が必ず責任を持つ。どうにかする。だから、何でもエエから出てこい」"
"

最近、20代前半のピチピチギャルたちの間で、「倍以上男子」が熱いという情報をキャッチしました。出ましたよ、また「○○男子」という造語が。倍返しで話題になったドラマ『半沢直樹』はもうとっくに終わっているし……倍以上男子って、一体どのような男子を指すのでしょうか?

・(年齢が)倍以上の男性を指す造語
倍以上男子とは、倍以上返しをする男子のことではございません、ご安心を。倍以上とは、ごく単純に「年齢」のこと。例えば20歳のお嬢さんにとって倍以上男子は40歳以上、22歳のお嬢さんにとっての倍以上男子は44歳以上という計算になります。経済的に余裕があるだけでなく、自分の倍以上も人生経験を積んでいるのですから、大人の魅力も持ち合わせており、一石二鳥というわけです。

・三十路熟女が倍以上制度を取り入れると……
倍以上男子の流行に則って、三十路熟女も倍以上男子に目を向けましょう! と言いたいところですが、30歳の女性にとって倍以上男子は60歳以上の還暦男子、37歳の筆者にとっての倍以上男子は74歳以上ということになります。加藤茶さんと同年代くらいでしょうか。ありえない年の差ではないかもしれませんが、ちょっと難しいかもしれませんね。

・半分以下男子はどうだろう?
では、倍以上の逆で、「半分以下男子」に目を向けるのはどうでしょう? 37歳の筆者は18.5歳の男性が対象ということになります。ギリギリセーフですね。しかし、30歳ジャストの女性の場合、対象が15歳になってしまうので、これはアウトです。うーむ、困った……どうしたら良いのでしょうか。

・三十路熟女からのお願い
結論! 20代前半のお嬢さん方にお願いいたします。倍以上男子に手を出すのはどうかご勘弁を! 三十路熟女にとって、独身アラフォー男性は数少ない貴重な恋愛対象なのです! この領域にあなた方が入ってきてしまっては、三十路熟女はどこに行ったら良いのでしょう? 草木に恋をしろとでも仰るのでしょうか? 大事なことなので二度言います、いや何度でも言います。倍以上男子に手を出すのはご勘弁を! そうでなければ、三十路熟女の我々は……我々は……。

"
"

ある女子大生が先輩のアパートで行われた飲み会に参加した時のことだ。
飲み会が終了した後、彼女はアパートを出てしばらく歩いていたのだが、
ふと先輩の家に携帯電話を忘れてきたことに気づいた。
彼女はアパートに引き返し、先輩の部屋に戻って呼び鈴を押す。
ところが、反応がない。

ドアノブをまわすと鍵は掛かっていなかったので、彼女はそのまま中に入っていった。
部屋の中は電気がついておらず真っ暗で、どうやら先輩はもう寝てしまったらしい。
無用心だな、と思った彼女は電気をつけて先輩を起こそうかとも考えたが、
先輩がかなり酔っていたのを思い出してやめておき、
真っ暗な中で自分の携帯電話を探し出すと「忘れ物をしたので取りに戻りましたー」
とひと声かけて部屋を後にした。

翌日、彼女が先輩のアパートの前を通りかかると、
なぜか大勢の警官が集まっている。
事情を聞いて彼女は驚いた。

なんと、あの先輩が部屋で殺されたというのだ。
部屋は荒らされており、物取りの犯行かもしれないという。

「あの時電気をつけて先輩を起こし、きちんと戸締まりをするよう
注意していたらこんな事にならなかったのに…」

彼女が自責の念でいっぱいになりながら昨日その部屋にいたことを警官に話すと、
部屋の奥から刑事が現れて彼女に見て欲しいものがあると言った。
「部屋の中でこのようなメモを見つけたのですが、
これの意味がわからないで困っていたのですよ。何か心当たりはありませんか?」

彼女はそのメモを見て青ざめた。

そこにはこう書かれていたのだ。

「電気をつけなくてよかったな」

"

About:



Following:

.
to
Akt