/page/2
shiohigari114:

戦場サブカルガール

shiohigari114:

戦場サブカルガール

(via isidako)

■スティーブ・ジョブズ(米アップル社の創業者、前CEO)
毎朝鏡を見て、「今日が自分の最後の日だとしよう。自分が今日やろうとしていることは、果たして自分のしたいことだろうか?」と自問自答する。答えが「NO」の日が続けば、何かを変える必要があると悟る。(2005年にスタンフォード大学の卒業式で行なったスピーチより)

■サッチャー英元首相
もともとショートスリーパーだった元首相。前日どんなに遅くまで仕事をしていても、朝5時からの英BBCラジオ番組『Farming Today』(食べ物や農業、地方についての番組)は欠かさず聴いていたとか。朝からしっかりと情報収集…だったのか?

■ケネス・シュノー(アメリカン・エキスプレスのCEO)
前の日にオフィスを後にする際、翌日に成し遂げたいことを3つ紙に書き出す。これをもとに新たな1日をスタート!

■アナ・ウィンター(米『VOGUE』誌の編集長)
朝の5時45分から1時間ほどテニスをする。本人いわく「すっかり夢中」なのだそう。

■デイビッド・カープ(マイクロブログ、タンブラーの創設者)
徒歩またはバイクで9時30分または10時に出社するまで、メールは一切チェックしない。これは「何か急ぎがあれば、誰かがテキストメッセージを送ってくれるか、直接電話してくれるから」だそう。ひとたび職場に入ると、まずはメールをチェックするが、タンブラーのスタッフ、または彼のガールフレンドからのメールを最優先するそうだ。

逆に人が集まらないタイプの人間は<からみづらい>。何かを相談すると俺スゴイアピールが連発されたり、「こんなこともわからないの?」的な物言いをされたり、自分の喋りたいことだけをまくしたてられたり。

特に面倒なのはやりとりのなかでアイデアをブラッシュアップさせたいにもかかわらず、お互いの意見を反映させる気がゼロの人。「俺はこうしたい」を曲げない人に懇々とアプローチを取っていくなんて時間のムダが過ぎる。もうめんどくさいんで、勝手にやってくださいって話になる。

後者のタイプの人間は、「話し合うことそれ自体がコミュニケーション」と誤解しているフシがある。お互いの意思疎通、意見交換ができることがコミュニケーションの良さのはずなのに、通じ合うことなしにやりとりを発生させること自体をコミュニケーションと誤解しているのだ。そんなものに付き合ってられるわけがない。

だからそんな人には最低限のやりとりだけを望むようになるし、何かあったときに相談しようなんて気が起きないのだ。人が集まるはずがない。

「相手に自分が体験したことを面白く伝えたい。自分の気持ちをわかってほしい。そんなとき、まず、「ねえ、ねえ、大変」という言葉から始まる文章を考えましょう。文章ができあがったら、冒頭の「ねえ、ねえ、大変」という言葉は削除してしまいます。そうすると、勢いのある、説得力のある文章がつくれます。」
僕が話を聞く時に、絶対にやらないようにしていることが一つあります。それは相手の話をまとめないこと。相手は一所懸命にしゃべろうとしているけど、言いたい内容にふさわしい言葉がなかなか出てこなくて、ああでもないこうでもないと話が行きつ戻りつしている。それを、利口な人はまとめようとするんですね。
「要するに、あなたの言いたいことはこれでしょう」と。
活字中毒R。 (via takaakik)
2008-05-17 (via gkojay) (via takaakik) (via device302) (via petapeta) (via nemoi) 2009-08-05 (via yasaiitame) (via gkojax) (via yaruo) (via udon13, fyfyfy) (via nemoi) (via dewfalse) (via natu-rou) (via usaginobike) (via gilthtaxus) (via usaginobike)

社員に自由に仕事しろというのは愚鈍な命令だ。

それまで鳥かごの中に入っていた人間の鳥かごを外す。
そうすれば飛ぶと思うのは大間違いだ。
今まで鳥かごに入っていたことを自分で認めることになってしまう。

飛ばない鳥にもプライドがある。
言って聞かせても鳥は飛ばない。

評価を気にしている段階ではまだ自分がしたいことが本当にできていない証拠
無駄に音をたてる人は
周囲の人に対し、自分を気にかけて欲しいという幼稚なサインを放っている。
「見栄」=「自分をよく見せなければならない」という信念。
「恐怖」=「自分の評価を下げさせてはならない」という信念。
「完璧主義」=「自分の納得のいくものでなければならない」という信念。

「考えてもどうしようもない状況のときには、それをきちんと見定めて、考えないでいる能力が必要。あなたにはそれが欠けている。訓練したほうが良い。そして、自分が行動を起こすべきときが来たら、瞬間的に正しい選択肢を選んで実行できるだけの体力を蓄えておくこと」

「判断を先延ばしにしたほうが得をする状況で無理矢理結論を出そうとするのはやめなさい。それは単に心的なプレッシャから逃れたいだけのおこないだ。楽をするな。得をしろ」

圧的な態度をとる人が、
本当はなにかに怯えていたり
プライドの高い人が、
とても自信がない人だったり
自分を嫌っているはずの人が、
実は深く愛してくれていたり
こちらが忘れてしまっていた約束を、
あちらは気にしてくれていたり。

人間は、他者の心の中をあれこれ想像しますが
多分、その半分も
当たっていないのではないかと思います。

shiohigari114:

戦場サブカルガール

shiohigari114:

戦場サブカルガール

(via isidako)

■スティーブ・ジョブズ(米アップル社の創業者、前CEO)
毎朝鏡を見て、「今日が自分の最後の日だとしよう。自分が今日やろうとしていることは、果たして自分のしたいことだろうか?」と自問自答する。答えが「NO」の日が続けば、何かを変える必要があると悟る。(2005年にスタンフォード大学の卒業式で行なったスピーチより)

■サッチャー英元首相
もともとショートスリーパーだった元首相。前日どんなに遅くまで仕事をしていても、朝5時からの英BBCラジオ番組『Farming Today』(食べ物や農業、地方についての番組)は欠かさず聴いていたとか。朝からしっかりと情報収集…だったのか?

■ケネス・シュノー(アメリカン・エキスプレスのCEO)
前の日にオフィスを後にする際、翌日に成し遂げたいことを3つ紙に書き出す。これをもとに新たな1日をスタート!

■アナ・ウィンター(米『VOGUE』誌の編集長)
朝の5時45分から1時間ほどテニスをする。本人いわく「すっかり夢中」なのだそう。

■デイビッド・カープ(マイクロブログ、タンブラーの創設者)
徒歩またはバイクで9時30分または10時に出社するまで、メールは一切チェックしない。これは「何か急ぎがあれば、誰かがテキストメッセージを送ってくれるか、直接電話してくれるから」だそう。ひとたび職場に入ると、まずはメールをチェックするが、タンブラーのスタッフ、または彼のガールフレンドからのメールを最優先するそうだ。

逆に人が集まらないタイプの人間は<からみづらい>。何かを相談すると俺スゴイアピールが連発されたり、「こんなこともわからないの?」的な物言いをされたり、自分の喋りたいことだけをまくしたてられたり。

特に面倒なのはやりとりのなかでアイデアをブラッシュアップさせたいにもかかわらず、お互いの意見を反映させる気がゼロの人。「俺はこうしたい」を曲げない人に懇々とアプローチを取っていくなんて時間のムダが過ぎる。もうめんどくさいんで、勝手にやってくださいって話になる。

後者のタイプの人間は、「話し合うことそれ自体がコミュニケーション」と誤解しているフシがある。お互いの意思疎通、意見交換ができることがコミュニケーションの良さのはずなのに、通じ合うことなしにやりとりを発生させること自体をコミュニケーションと誤解しているのだ。そんなものに付き合ってられるわけがない。

だからそんな人には最低限のやりとりだけを望むようになるし、何かあったときに相談しようなんて気が起きないのだ。人が集まるはずがない。

「相手に自分が体験したことを面白く伝えたい。自分の気持ちをわかってほしい。そんなとき、まず、「ねえ、ねえ、大変」という言葉から始まる文章を考えましょう。文章ができあがったら、冒頭の「ねえ、ねえ、大変」という言葉は削除してしまいます。そうすると、勢いのある、説得力のある文章がつくれます。」
僕が話を聞く時に、絶対にやらないようにしていることが一つあります。それは相手の話をまとめないこと。相手は一所懸命にしゃべろうとしているけど、言いたい内容にふさわしい言葉がなかなか出てこなくて、ああでもないこうでもないと話が行きつ戻りつしている。それを、利口な人はまとめようとするんですね。
「要するに、あなたの言いたいことはこれでしょう」と。
活字中毒R。 (via takaakik)
2008-05-17 (via gkojay) (via takaakik) (via device302) (via petapeta) (via nemoi) 2009-08-05 (via yasaiitame) (via gkojax) (via yaruo) (via udon13, fyfyfy) (via nemoi) (via dewfalse) (via natu-rou) (via usaginobike) (via gilthtaxus) (via usaginobike)

社員に自由に仕事しろというのは愚鈍な命令だ。

それまで鳥かごの中に入っていた人間の鳥かごを外す。
そうすれば飛ぶと思うのは大間違いだ。
今まで鳥かごに入っていたことを自分で認めることになってしまう。

飛ばない鳥にもプライドがある。
言って聞かせても鳥は飛ばない。

評価を気にしている段階ではまだ自分がしたいことが本当にできていない証拠
無駄に音をたてる人は
周囲の人に対し、自分を気にかけて欲しいという幼稚なサインを放っている。
「見栄」=「自分をよく見せなければならない」という信念。
「恐怖」=「自分の評価を下げさせてはならない」という信念。
「完璧主義」=「自分の納得のいくものでなければならない」という信念。

「考えてもどうしようもない状況のときには、それをきちんと見定めて、考えないでいる能力が必要。あなたにはそれが欠けている。訓練したほうが良い。そして、自分が行動を起こすべきときが来たら、瞬間的に正しい選択肢を選んで実行できるだけの体力を蓄えておくこと」

「判断を先延ばしにしたほうが得をする状況で無理矢理結論を出そうとするのはやめなさい。それは単に心的なプレッシャから逃れたいだけのおこないだ。楽をするな。得をしろ」

圧的な態度をとる人が、
本当はなにかに怯えていたり
プライドの高い人が、
とても自信がない人だったり
自分を嫌っているはずの人が、
実は深く愛してくれていたり
こちらが忘れてしまっていた約束を、
あちらは気にしてくれていたり。

人間は、他者の心の中をあれこれ想像しますが
多分、その半分も
当たっていないのではないかと思います。

"

■スティーブ・ジョブズ(米アップル社の創業者、前CEO)
毎朝鏡を見て、「今日が自分の最後の日だとしよう。自分が今日やろうとしていることは、果たして自分のしたいことだろうか?」と自問自答する。答えが「NO」の日が続けば、何かを変える必要があると悟る。(2005年にスタンフォード大学の卒業式で行なったスピーチより)

■サッチャー英元首相
もともとショートスリーパーだった元首相。前日どんなに遅くまで仕事をしていても、朝5時からの英BBCラジオ番組『Farming Today』(食べ物や農業、地方についての番組)は欠かさず聴いていたとか。朝からしっかりと情報収集…だったのか?

■ケネス・シュノー(アメリカン・エキスプレスのCEO)
前の日にオフィスを後にする際、翌日に成し遂げたいことを3つ紙に書き出す。これをもとに新たな1日をスタート!

■アナ・ウィンター(米『VOGUE』誌の編集長)
朝の5時45分から1時間ほどテニスをする。本人いわく「すっかり夢中」なのだそう。

■デイビッド・カープ(マイクロブログ、タンブラーの創設者)
徒歩またはバイクで9時30分または10時に出社するまで、メールは一切チェックしない。これは「何か急ぎがあれば、誰かがテキストメッセージを送ってくれるか、直接電話してくれるから」だそう。ひとたび職場に入ると、まずはメールをチェックするが、タンブラーのスタッフ、または彼のガールフレンドからのメールを最優先するそうだ。

"
"

逆に人が集まらないタイプの人間は<からみづらい>。何かを相談すると俺スゴイアピールが連発されたり、「こんなこともわからないの?」的な物言いをされたり、自分の喋りたいことだけをまくしたてられたり。

特に面倒なのはやりとりのなかでアイデアをブラッシュアップさせたいにもかかわらず、お互いの意見を反映させる気がゼロの人。「俺はこうしたい」を曲げない人に懇々とアプローチを取っていくなんて時間のムダが過ぎる。もうめんどくさいんで、勝手にやってくださいって話になる。

後者のタイプの人間は、「話し合うことそれ自体がコミュニケーション」と誤解しているフシがある。お互いの意思疎通、意見交換ができることがコミュニケーションの良さのはずなのに、通じ合うことなしにやりとりを発生させること自体をコミュニケーションと誤解しているのだ。そんなものに付き合ってられるわけがない。

だからそんな人には最低限のやりとりだけを望むようになるし、何かあったときに相談しようなんて気が起きないのだ。人が集まるはずがない。

"
"「相手に自分が体験したことを面白く伝えたい。自分の気持ちをわかってほしい。そんなとき、まず、「ねえ、ねえ、大変」という言葉から始まる文章を考えましょう。文章ができあがったら、冒頭の「ねえ、ねえ、大変」という言葉は削除してしまいます。そうすると、勢いのある、説得力のある文章がつくれます。」"
"僕が話を聞く時に、絶対にやらないようにしていることが一つあります。それは相手の話をまとめないこと。相手は一所懸命にしゃべろうとしているけど、言いたい内容にふさわしい言葉がなかなか出てこなくて、ああでもないこうでもないと話が行きつ戻りつしている。それを、利口な人はまとめようとするんですね。
「要するに、あなたの言いたいことはこれでしょう」と。"
"

社員に自由に仕事しろというのは愚鈍な命令だ。

それまで鳥かごの中に入っていた人間の鳥かごを外す。
そうすれば飛ぶと思うのは大間違いだ。
今まで鳥かごに入っていたことを自分で認めることになってしまう。

飛ばない鳥にもプライドがある。
言って聞かせても鳥は飛ばない。

"
"評価を気にしている段階ではまだ自分がしたいことが本当にできていない証拠"
"無駄に音をたてる人は
周囲の人に対し、自分を気にかけて欲しいという幼稚なサインを放っている。"
"「見栄」=「自分をよく見せなければならない」という信念。
「恐怖」=「自分の評価を下げさせてはならない」という信念。
「完璧主義」=「自分の納得のいくものでなければならない」という信念。"
"自由とは、他者から嫌われることである"
"

「考えてもどうしようもない状況のときには、それをきちんと見定めて、考えないでいる能力が必要。あなたにはそれが欠けている。訓練したほうが良い。そして、自分が行動を起こすべきときが来たら、瞬間的に正しい選択肢を選んで実行できるだけの体力を蓄えておくこと」

「判断を先延ばしにしたほうが得をする状況で無理矢理結論を出そうとするのはやめなさい。それは単に心的なプレッシャから逃れたいだけのおこないだ。楽をするな。得をしろ」

"
"

圧的な態度をとる人が、
本当はなにかに怯えていたり
プライドの高い人が、
とても自信がない人だったり
自分を嫌っているはずの人が、
実は深く愛してくれていたり
こちらが忘れてしまっていた約束を、
あちらは気にしてくれていたり。

人間は、他者の心の中をあれこれ想像しますが
多分、その半分も
当たっていないのではないかと思います。

"

About:



Following:

.
to
Akt