/page/2
例えば、ヒステリックで話通じない女の人と結婚してしまったら、女の人は全員ヒステリックで話通じないんだって思いたいじゃないですか。天国と地獄があって私が地獄を選択したんだって思うよりは、この世はどこに行っても地獄だって思う方が心安らぐでしょう。
電子レンジの完了音が味気ないから、クラブミュージックにしてほしい。作動中から既にBGMかかってて、終了15秒前くらいからシュウゥゥってブレイク入って、完了直前に「put your hands up!!!」って声とか入って、完了した瞬間からブチ上げてくるの。そんで踊りながら取るの。
randumbdrawfag:

Prompt #3: “MIRROR UNIVERSE CHARACTERS! Either draw one of the mane six as their mirror world counterpart, or another character we haven’t seen yet!”
I did a minor fix on this one. Still no cutie mark because mirror Flutters is too rebel for it I dunno.
(Orig size) (4x bigger) Other entries: [1] - [2]

randumbdrawfag:

Prompt #3: “MIRROR UNIVERSE CHARACTERS! Either draw one of the mane six as their mirror world counterpart, or another character we haven’t seen yet!”

I did a minor fix on this one. Still no cutie mark because mirror Flutters is too rebel for it I dunno.

(Orig size) (4x bigger)
Other entries: [1] - [2]

(via ajinotatakinamennna)

これの恐ろしいところは、シンジ君に働く気など最初から無い事です。まだ中学生ですし。当然彼はへたれて拒否するわけですが、それが普通でしょう。ところが、他の管理職一同も、「自分から逃げちゃダメよ」などととんでもないことを言い放ちます。
自分じゃなくて、無理難題から逃げてるんだよ!ですが、労働=神聖な義務ですから、そんな価値観は許されません。周囲の作業員に至るまで、「何だつかえねえな」という視線を投げ、圧迫感で包囲します。

そこで、ゲンドウが取る手が、また典型。包帯だらけの美少女を引き出し、「ほーら、おまえが働かないと、この子が大変なことになるよ」と脅しをかけます。これなど正にブラック企業の常套手段ですね。「有休は取ってもいいけど、仲間が苦労すると思うよ?」「無責任な!残された仲間はどうなるんだ!?」

言うまでもありませんが、綾波を無謀な戦いに引き出すのはゲンドウであってシンジ君ではなく、彼が罪悪感を抱く理由など1μgもありはしません。代替パイロットすら用意せずに組織を作ってきた彼が、経営能力皆無の馬鹿だと言うだけです。
しかし結局、この脅迫に負けてシンジ君は一回だけ、と言う事で仕事に参加することになります。
fyeahkozueakimoto:

Kozue for Soup magazine, september issue

fyeahkozueakimoto:

Kozue for Soup magazine, september issue

知ってるか…趣味らしい趣味が無い人は、”趣味”ってものがどれだけ大切かっていうことを
まず理解できないんだ

最近は地方よりも都会のほうが商店街は残っていますよ。日本中で東京だけが前近代的な感じになっています。たとえば、東京のど真ん中の麻布十番や神保町に商店街があるし、北区や荒川区に古き良き下町を残している。東京の下町の人のほうがハードヤンキー的な感じがします。ハードヤンキーは日本中でもう東京の下町にしかいない。西日暮里や田端に行けば会えるみたいな(笑)。

地元でずっと暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして、地域というものが可視化されています。逆に、僕の実家のほうが、地域が見えづらい。東京のほうが密な人間関係が残っていて、地方の子ほど地域を知らず、イオンモールしか知らない。そういう逆転現象が起きています。

例えば、ヒステリックで話通じない女の人と結婚してしまったら、女の人は全員ヒステリックで話通じないんだって思いたいじゃないですか。天国と地獄があって私が地獄を選択したんだって思うよりは、この世はどこに行っても地獄だって思う方が心安らぐでしょう。
電子レンジの完了音が味気ないから、クラブミュージックにしてほしい。作動中から既にBGMかかってて、終了15秒前くらいからシュウゥゥってブレイク入って、完了直前に「put your hands up!!!」って声とか入って、完了した瞬間からブチ上げてくるの。そんで踊りながら取るの。
randumbdrawfag:

Prompt #3: “MIRROR UNIVERSE CHARACTERS! Either draw one of the mane six as their mirror world counterpart, or another character we haven’t seen yet!”
I did a minor fix on this one. Still no cutie mark because mirror Flutters is too rebel for it I dunno.
(Orig size) (4x bigger) Other entries: [1] - [2]

randumbdrawfag:

Prompt #3: “MIRROR UNIVERSE CHARACTERS! Either draw one of the mane six as their mirror world counterpart, or another character we haven’t seen yet!”

I did a minor fix on this one. Still no cutie mark because mirror Flutters is too rebel for it I dunno.

(Orig size) (4x bigger)
Other entries: [1] - [2]

(via ajinotatakinamennna)

(Source: tenkaichibudokai, via siyo)

(Source: charliecoffin, via petapeta)

これの恐ろしいところは、シンジ君に働く気など最初から無い事です。まだ中学生ですし。当然彼はへたれて拒否するわけですが、それが普通でしょう。ところが、他の管理職一同も、「自分から逃げちゃダメよ」などととんでもないことを言い放ちます。
自分じゃなくて、無理難題から逃げてるんだよ!ですが、労働=神聖な義務ですから、そんな価値観は許されません。周囲の作業員に至るまで、「何だつかえねえな」という視線を投げ、圧迫感で包囲します。

そこで、ゲンドウが取る手が、また典型。包帯だらけの美少女を引き出し、「ほーら、おまえが働かないと、この子が大変なことになるよ」と脅しをかけます。これなど正にブラック企業の常套手段ですね。「有休は取ってもいいけど、仲間が苦労すると思うよ?」「無責任な!残された仲間はどうなるんだ!?」

言うまでもありませんが、綾波を無謀な戦いに引き出すのはゲンドウであってシンジ君ではなく、彼が罪悪感を抱く理由など1μgもありはしません。代替パイロットすら用意せずに組織を作ってきた彼が、経営能力皆無の馬鹿だと言うだけです。
しかし結局、この脅迫に負けてシンジ君は一回だけ、と言う事で仕事に参加することになります。
fyeahkozueakimoto:

Kozue for Soup magazine, september issue

fyeahkozueakimoto:

Kozue for Soup magazine, september issue

知ってるか…趣味らしい趣味が無い人は、”趣味”ってものがどれだけ大切かっていうことを
まず理解できないんだ

最近は地方よりも都会のほうが商店街は残っていますよ。日本中で東京だけが前近代的な感じになっています。たとえば、東京のど真ん中の麻布十番や神保町に商店街があるし、北区や荒川区に古き良き下町を残している。東京の下町の人のほうがハードヤンキー的な感じがします。ハードヤンキーは日本中でもう東京の下町にしかいない。西日暮里や田端に行けば会えるみたいな(笑)。

地元でずっと暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして、地域というものが可視化されています。逆に、僕の実家のほうが、地域が見えづらい。東京のほうが密な人間関係が残っていて、地方の子ほど地域を知らず、イオンモールしか知らない。そういう逆転現象が起きています。

"例えば、ヒステリックで話通じない女の人と結婚してしまったら、女の人は全員ヒステリックで話通じないんだって思いたいじゃないですか。天国と地獄があって私が地獄を選択したんだって思うよりは、この世はどこに行っても地獄だって思う方が心安らぐでしょう。"
"電子レンジの完了音が味気ないから、クラブミュージックにしてほしい。作動中から既にBGMかかってて、終了15秒前くらいからシュウゥゥってブレイク入って、完了直前に「put your hands up!!!」って声とか入って、完了した瞬間からブチ上げてくるの。そんで踊りながら取るの。"
"これの恐ろしいところは、シンジ君に働く気など最初から無い事です。まだ中学生ですし。当然彼はへたれて拒否するわけですが、それが普通でしょう。ところが、他の管理職一同も、「自分から逃げちゃダメよ」などととんでもないことを言い放ちます。
自分じゃなくて、無理難題から逃げてるんだよ!ですが、労働=神聖な義務ですから、そんな価値観は許されません。周囲の作業員に至るまで、「何だつかえねえな」という視線を投げ、圧迫感で包囲します。

そこで、ゲンドウが取る手が、また典型。包帯だらけの美少女を引き出し、「ほーら、おまえが働かないと、この子が大変なことになるよ」と脅しをかけます。これなど正にブラック企業の常套手段ですね。「有休は取ってもいいけど、仲間が苦労すると思うよ?」「無責任な!残された仲間はどうなるんだ!?」

言うまでもありませんが、綾波を無謀な戦いに引き出すのはゲンドウであってシンジ君ではなく、彼が罪悪感を抱く理由など1μgもありはしません。代替パイロットすら用意せずに組織を作ってきた彼が、経営能力皆無の馬鹿だと言うだけです。
しかし結局、この脅迫に負けてシンジ君は一回だけ、と言う事で仕事に参加することになります。"
"知ってるか…趣味らしい趣味が無い人は、”趣味”ってものがどれだけ大切かっていうことを
まず理解できないんだ"
"

最近は地方よりも都会のほうが商店街は残っていますよ。日本中で東京だけが前近代的な感じになっています。たとえば、東京のど真ん中の麻布十番や神保町に商店街があるし、北区や荒川区に古き良き下町を残している。東京の下町の人のほうがハードヤンキー的な感じがします。ハードヤンキーは日本中でもう東京の下町にしかいない。西日暮里や田端に行けば会えるみたいな(笑)。

地元でずっと暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして、地域というものが可視化されています。逆に、僕の実家のほうが、地域が見えづらい。東京のほうが密な人間関係が残っていて、地方の子ほど地域を知らず、イオンモールしか知らない。そういう逆転現象が起きています。

"

About:



Following:

.
to
Akt